メニュー

採用情報トップページ > 株式会社河鶴 安高聡平

Staff

誠実な心さえあれば、どんな人とでも信頼関係を築くことができる場所。

株式会社河鶴
営業部 東日本事業部
安高 聡平

【出身】名城大学 農学部 生物資源学科 卒

これが私の仕事

営業として担当企業を回りながら、新商品の企画立案もしています

現在私は、営業と商品企画の二つの業務を半々くらいで担当しています。まず営業としては、主に関東~静岡県~北陸~福島県のエリアを担当。大手スーパーマーケットの本部などを中心に、新商品の提案や商品の売れ行きの確認・市場からのニーズの拾い上げなどを行っています。
一方で商品企画としては、これらのニーズや自分のアイデアを元に新商品を企画。製品化が決まれば、そのバッケージデザインの制作依頼やパッケージに印刷される商品の説明文の作成なども行います。この業務をするようになってまだ6ヶ月程度ですが、すでに同じ商品の規格違いまで含めると、30種類以上の新商品の発売に携わっています。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

ただただ誠実に行動した結果、お客様との信頼関係ができた

今の部署に異動をして4ヶ月くらいの頃(入社10ヵ月目くらい)、大手の量販店様を担当させていただくことになりました。初めのうちはお客様に名前を憶えていただくことがやっとでしたが、ある時、「○○みたいな商品ないかな?」と、相談を受けました。すぐに社内に持ちかえり、次の商談時までには商品を探し、その案内をしました。他社にも同様の依頼をされていたそうで、その中で探してきたのは私だけだったらしく、お客様からとても感謝され、今では、「君が売り込む商品なら、一度はやってみよう」と言っていただけるようになりました。営業の最大武器は、巧みな会話術でもコミュニケーション力でもなく、誠実な心。誠実さがあれば、どんな人とでも信頼関係を築くことができます。そうやって築いてきたお客様とのつながりは、私の大切な宝物です。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

「何をしている会社か」「何をすればいいのか」、その答えがシンプル

実は私は、最初は商社を希望して就職活動を行っており、一度はある大手の商社から内定をいただいたのですが、よくよく考えた末にそれを辞退して、就職活動をやり直した経緯があります。
辞退に至った理由としては、やはり大手ということで会社の安定性はあったのですが、その反面、「そこがどんな会社なのか」「その中でどんな仕事をすればいいのか」が明確でなかったこと。
そんな中で出会った当社は、事業内容が非常にシンプルで、なおかつ自分に求められていることがわかりやすかったことが、当社を選んだ決め手となりました。また企業としても「我々はベンチャー企業である」と言っている通り、まだまだ未完成だからこそ伸びて行く可能性がある。そしてそれをつくりあげていくのが、これから入社する自分たちであるという点にも魅力を感じました。

これまでのキャリア

マーケティング開発部(6ヶ月間) → 東日本事業部(現職:4年前に異動)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職本に書かれていることも大切ですが、本当に大切なのは“自分”を持っているかどうか。私は面接を受ける際、あえてあらかじめに答えは準備しませんでした。それは何故か?まだ働いたこともない会社のことを知らない学生が、「御社の経営理念に共感しまして…」と答えても心に響かないと思ったからです。しかしその分、私は常に本音で話すことを心がけていました。偽りのない自分の言葉で話せば、必ず伝わりますので安心してください。

 

≫ 一覧へ戻る


トップページビジネスモデル企業紹介産地通信お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ